こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド » 満足できる注文住宅会社の選び方 » 【番外編】ハウスメーカーと工務店の違い

公開日:
最終更新日時:

【番外編】ハウスメーカーと工務店の違い

注文住宅を建てるにあたって、ハウスメーカーにするか工務店にするか迷う人も多いと思います。ここでは、「設計の自由度」「予算」「メンテナンス・フォロー」「安心感」について、両者を比較してみたいと思います。

設計の自由度

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、規格住宅がメインのため、設計の自由度は比較的低め。とはいえ、豊富なプランが用意されており、建材や設備なども多数の選択肢から希望に合ったものを選べます。完全自由設計の家を求める人には向いていませんが、「どんな家がいいかわからない」という方や、「一から考えるのは面倒」という方には、選択肢が決まっている分考えやすいでしょう。

工務店

工務店なら、予算や法律以外の制約はほとんどかからず、間取りや内装・外装材、設備などを希望に合わせて自由にプランニングすることができます。完全フルオーダーの住宅も可能なので、家づくりに強いこだわりがあり、一般的なデザインでは満足できない方におすすめです。

予算

ハウスメーカー

建材や製品の規格を揃えて大量生産ができるので、原価コストを抑えられる一方、広告宣伝費や人件費、モデルハウスや展示場の維持費などコストがかかり、予算は高め。建売住宅であれば予算を抑えることも可能ですが、注文住宅では価格が高くなりがちです。

工務店

工務店では、広告宣伝費や人件費などのコストがあまりかからないことが多いため、大手ハウスメーカーより低予算で家を建てることが可能です。

メンテナンス・フォロー

ハウスメーカー

経営基盤がしっかりしている分、引き渡し後のメンテナンス体制や、保証体制が整っており、地域に関わらず安定したサービスを受けることができます。また、20年後、30年後も会社が継続しているだろうという安心感もありますね。ただし、営業と施工、アフターメンテナンスでそれぞれ部署が違うことが多いため、メンテナンスの依頼をしても話が伝わっていなかった、なかなか動いてくれない、たらい回しにされた、などのトラブルも起きやすいのが難点です。

工務店

地域密着で営業している分、何かあったらすぐに駆けつけてくれる安心感があります。引き渡し後の保証内容は、ハウスメーカーと変わらない上、営業から設計、施工、アフターメンテナンスまでを一貫して自社で行っている分、融通も利きやすく、スピーディーに対応してもらえるでしょう。但し、小規模の会社の場合、混雑具合によってはすぐに対応してくれないかもしれません。

安心感

ハウスメーカー

大手ハウスメーカーの一番のメリットともいえるのが安心感。名の通ったメーカーなら、上場企業も多く、経営基盤がしっかりしているため、保証期間内に倒産してしまう可能性も低いでしょう。

工務店

小規模な工務店には、倒産のリスクがつきもの。慎重に業者選びをしなくてはなりません。大手ハウスメーカーと並んで住宅展示場に出展している工務店ならば、住宅展示場の審査をパスしたということで、一定の信頼感があるといえます。また、万が一建築中に工務店が倒産した場合の工事費や追加工事費用を保証してくれる「住宅完成保証制度」に加入している会社なら、財務内容等の審査基準を満たしているので安心です。

このサイトでは、埼玉でデザインにも性能にもこだわっている工務店・ハウスメーカーを厳選しています。ぜひ参考にしてください。

満足できる注文住宅会社の選び方をチェック

埼玉おすすめ
工務店・注文住宅メーカー
3
     

高性能な注文住宅がリーズナブルな価格で叶う埼玉の地域ビルダーや工務店に着目。
家じゅうの室温を一定に保つ全館空調システムを標準装備している会社を3社はこちらです!
坪単価は公式HPおよびSUUMOに記載されている参考価格から掲載しています。