こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド » 埼玉で快適な注文住宅を建てるポイント » 注文住宅の業者「メーカー」について
 

注文住宅の業者「メーカー」について

埼玉の中でも特に住みやすさを重視した地区に住みたい!と考えている人が押さえておきたい「メーカー」の特徴や工務店・ビルダーとの違いなどについてご紹介します。

メーカーとは

メーカーは、デザインや資材の規格を事前に決まっており、一定の品質を保った住宅を建てることが可能です。注文住宅を依頼する際には、メーカーの用意した住宅のブランドやプランの中から選ぶという形で一行建て住宅を販売しています。

メーカーは全国展開や上場していて知名度が高い会社が多く、経営基盤がしっかりしています。そのため、倒産のリスクを心配せずに安心して依頼ができます。

他の業者(ビルダー・工務店)との違い

工務店やビルダーでのフルオーダーの注文受託に比べて、メーカーの注文住宅はプランを選ぶ形をとっているため自由度は少し制限があります。

しかし、様々な種類のプランから選べる場合が多く、好みや希望に近い住宅を選ぶことができます。家のイメージがまだあまり固まっていない方やある程度決まっている中から選びたい方はメーカーがおすすめです。経営の基盤もしっかりしており、一定の品質を持つ住宅を建てることができます。

工務店は、地域密着型として経営しており、ビルダーも県内や近くにある県までのエリアに絞って営業していることが多いです。

しかし、メーカーの場合は全国展開していることが多く、経営基盤がしっかりしていて倒産のリスクも少ないです。アフターフォローも充実しているので引き渡し後も安心して過ごすことができます。

メーカーでは、大量に仕入れ・加工を行うため、仕入れや加工に関するコストは抑えられていることが多いです。しかし、広告宣伝費や人件費などにコストがかかってしまい住宅の金額が高額になってしまうことがあります。安価に抑えたい方はメーカーだけでなく、工務店も検討してみるのがおすすめです。

メーカーで注文住宅を建てるメリット

一定の品質を持つ住宅を建てられる

メーカーの場合は、事前に規格が決まっており、設計や資材の加工を行っていきます。そのため、住宅ごとに品質が大きく異なることがありません。ある程度の品質を持つ住宅をたてることができます。

経営基盤がしっかりしている

メーカーの場合は、知名度が高く上場している企業もあり、経営基盤がしっかりしていて倒産のリスクが少ないです。建てた後の保証や建てている間に倒産してしまう不安が無いため、安心して依頼できます。

アフターフォローが充実している

メーカーでは、無料修理期間や定期点検を行っています。引き渡し後に何かあった場合にもアフターフォローが充実しているので、何かトラブルがあった場合や不具合が出てきた場合にも安心して過ごすことが可能です。

メーカーで注文住宅を建てるデメリット

自由度が低い

メーカーに依頼する場合には、ある程度決まっているプランの中から住宅を選ぶ場合が多く、設計の自由度は低いです。より豊富な種類のプランを扱っている会社や希望に近いプランを扱うメーカーに依頼することが大切になります。

価格が高くなりがち

メーカーでは、加工や仕入れを規格に沿って行うため原価を抑えることが可能です。しかし、広告宣伝費や人件費などがかかっている場合も多く、住宅の費用が高くなりがちです。

購入する住宅プランにオプションをつけたり、土地の形が変わっている・面積が狭い場合や立地条件によってはさらに価格が上がっていってしまいます。プランの規格にないものを足したり、依頼することで費用がかさみがちなので注意が必要です。

埼玉で快適な注文住宅を建てるポイントをチェック

埼玉おすすめ
工務店・注文住宅メーカー
3
     

高性能な注文住宅がリーズナブルな価格で叶う埼玉の地域ビルダーや工務店に着目。
家じゅうの室温を一定に保つ全館空調システムを標準装備している会社を3社はこちらです!
坪単価は公式HPおよびSUUMOに記載されている参考価格から掲載しています。