こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド » 埼玉で快適な注文住宅を建てるポイント » 注文住宅の業者「工務店」について
 

注文住宅の業者「工務店」について

埼玉の中でも特に住みやすさを重視した地区に住みたい!と考えている人が押さえておきたい「工務店」の特徴やハウスメーカー・ビルダーとの違いなどについてご紹介します。

工務店とは

工務店は請け負った仕事に関して様々な工事業者をまとめ、工事全体を管理している会社です。職人である棟梁が設計から施工まで担当するタイプやデザイン・設計に重点を置いたタイプなど会社によって特徴も少し異なります。

地域密着企業が多く、拠点を置く地域の気候や習慣などをよく理解した上で家づくりを行ってくれます。注文住宅を依頼する場合は、1から設計してもらうようなフルオーダーという形が多い傾向があります。理想近いこだわりの詰まった住宅やオーダーメイドの住宅を作りたい方にはおすすめです。

他の業者(メーカー・ビルダー)との違い

ハウスメーカーやビルダーでは施工方法や使用する資材の規格をある程度決めておき、一定の品質が維持できている住宅を建てることができます。効率よく住宅を建てられる代わりに、自由度は少し下がってしまいがちです。

工務店の場合は、住宅ごとにオーダーメイドの住宅を建てる形をとっており、こだわりや要望に沿った住宅を1から考えていくことができます。広告宣伝費や人件費などのコストもハウスメーカーやビルダーに比べて抑えられていることが多いため、低価格で住宅を建てることが可能です。

メーカーやビルダーは具体的な家のイメージが固まっていない方やある程度決まっているプランの中から選びたいという方向きです。工務店は、土地の形や間取り・外観などの希望にも柔軟に対応してくれるため、より理想に近い住宅を建てたい方に向いています。

工務店で注文住宅を建てるメリット

自由に設計できる

工務店では、施工主の希望に合わせて設計をしていくオーダーメイドのような形で注文住宅を設計しています。

注文住宅を考える場合には規格が特になく制限も少ないため、土地の形や間取り・構造・外観などを希望やこだわりに沿った家を建てることができます。

コストを抑えられる

工務店では、宣伝広告費や人件費といった経費があまりかかっていない場合が多いため、ハウスメーカーやビルダーに依頼するのに比べて費用を抑えて注文住宅を建てられる場合が多いです。土地の形が変わった場合にも柔軟に対応してくれます。

工務店によっては、土地の形に合った施工が行えず、ある程度条件の整った土地が必要になる場合があるので注意が必要です。

工務店で注文住宅を建てるデメリット

品質にばらつきがある

工務店で注文住宅を作った場合には、ハウスメーカーのように規格の決まった資材があるわけではないため品質にばらつきが出てしまいがちです。

工務店に所属する職人や会社によって異なるため、施工主自身がどのような会社・職人なのかを判断して依頼する必要があります。

倒産のリスクがある

工務店の場合はハウスメーカーやビルダーに比べて規模が小さくなる場合が多いです。少し不安定なため、倒産のリスク比較的には高くなります。

ハウスメーカーのように住宅展示場に出展している工務店の場合は、住宅展示場の審査に通過しているという点で信用できる会社と判断できます。

工務店が住宅完成保証制度に入っているかを確認してみることでリスクを確認することができます。住宅完成保証制度は、工務店が変更になった場合に追加で必要になる費用や前払い金の損失を一定割合で保証してくれる制度です。この保証制度に入っている工務店であれば、もしも倒産してしまった場合にも施工主の負担額が可能な範囲で抑えられ、代わりになる工務店を紹介してもらえるのでリスクを抑えることができます。

気に入った工務店が住宅完成保証制度に入っていなかった場合には、可能な限り住宅が仕上がってから支払うようにすることで、着手金が無駄になるリスクを避けることも可能です。

埼玉で快適な注文住宅を建てるポイントをチェック

埼玉おすすめ
工務店・注文住宅メーカー
3
     

高性能な注文住宅がリーズナブルな価格で叶う埼玉の地域ビルダーや工務店に着目。
家じゅうの室温を一定に保つ全館空調システムを標準装備している会社を3社はこちらです!
坪単価は公式HPおよびSUUMOに記載されている参考価格から掲載しています。