こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド » 埼玉で快適な注文住宅を建てるポイント » 注文住宅で押さえておきたい間取りのポイント

公開日:
最終更新日時:

注文住宅で押さえておきたい間取りのポイント

間取りの良し悪しは人や家庭によって違うもの。家族構成や価値観などで感じ方が異なるため、単純に人気の間取りを参考にしても、自分たちにとって良い家になるとは限りません。

しかし、押さえておきたいポイントはあります。ここでは、失敗しやすい箇所や間取りのポイントをまとめました。

注文住宅の間取りで失敗しないためには?

注文住宅の間取りで失敗しないためには、家族のライフスタイルや将来をイメージして、そのイメージに合う間取りにすることが大切です。ライフスタイルの変化に合わせて柔軟に変えられる間取りにしておくのも良い方法と言えるでしょう。

何より意識したいのは、ありがちな失敗を避けること。そうした失敗例を学んで意識して設計を依頼することで、間取りの失敗はある程度避けられます。

注文住宅の間取りで失敗しやすい箇所と重視したいポイントについてまとめました。注文住宅の間取りを決める際、ぜひ参考にしてください。

注文住宅の間取りで失敗しやすい箇所

注文住宅の間取りで失敗しやすい箇所には、傾向があります。特に「台所」「玄関」「トイレ」「収納」です。どれも、生活のクオリティを決定する重要スペースと言えるでしょう。以下では、それぞれの箇所を解説しておりますので、参考にしてください。

台所

調理台の高さが主に調理する人に合わないと、とても使い勝手が悪いキッチンになってしまいます。また、コンロと冷蔵庫、流しの位置関係も大切。スムーズに調理が進められる配置になっているかは確認しておきましょう。

また、収納スペースの広さも失敗の原因になりやすいです。高いところに収納を作っても、ふだん使いづらいかもしれません。

対面キッチンが人気ですが、仕切りや壁がないと、調理のにおいが他の部屋に広がって気になったり、片付いていないキッチンが丸見えになったりします。

キッチンと玄関が遠いと、買い物から帰ってきたとき、米や水など大きなものを運ぶのが大変です。台所は生活の要でもあるので、生活動線をイメージして間取りを考えましょう。

玄関

出入りするだけだからと、窓がなく、狭い玄関を作ろうとするのは失敗の元かもしれません。窓がないと、暗い玄関になってしまいます。暗く狭い玄関は、帰宅したときの気分があまり良いものではありません。

また、収納スペースをあまり設けずに後悔することもあるでしょう。アウトドア用品やベビーカーを玄関に出しっぱなしになるケースも。

玄関は、ゆとりがあって明るいスペースにすると生活の満足度が上がります。

トイレ

主に2階で過ごしているのに、トイレが1階にあるなど、生活動線に合わない場所に設置してしまうと、とても不便です。日が差す場所にあると、暑くて不快になるかもしれません。

狭くて窮屈、逆に広すぎて子供がトイレットペーパーを取れないなどスペースの不満もあります。

プライベートが重視される空間なので、外から見えないか、来客があったときにトイレが見えないかなども要チェック。ストレスのない配置になるよう気をつけたいスペースです。

収納

注文住宅で一番多い失敗は、収納と言っても過言ではありません。収納スペースが多すぎるということはほとんどなく、不足していることへの不満は多いです。収納が不足すると部屋が片付かず、落ち着かない家になってしまいます。

また、動線に合わない場所に作ってしまい、片付けが億劫になると、やはり部屋が片付きません。

どこに何を収納するか、持ち物と照らし合わせて、しっかり計画を立てましょう。

注文住宅の間取りで重視したいポイント

失敗しやすい箇所の把握ができたら、重視すべきポイントも確認しておきましょう。ポイントを抑えるだけでも、大きな失敗は避けられます。重視したいのは、「家具の配置」「収納」「家事などの動線」です。以下、それぞれのポイントを紹介します。

家具の配置

家の満足度は、広さが要因のひとつ。実際の広さではなく、見た目の印象としての広さが満足度を大きく左右するポイントです。広さを感じられる家にするには、家具の配置が重要になってきます。無計画に家具を配置してしまうと、「スペースは広く取っているのに、配置が悪くて狭苦しく感じてしまう」と言うことにもなりかねません。部屋にたいしてどの家具をどう配置するか、よく考えてください。

家具の配置によっては、広さだけではなく、使い勝手にも影響します。ライフスタイルに合わせて配置することも大切です。

収納

収納は、広さと場所のどちらも適切に設計するのがベスト。広すぎても無駄になってしまいますが、狭いと暮らしの質が下がりやすくなります。また、使う場所に収納スペースがあるのもポイントです。

まずは自宅の物の量を把握してください。どのくらいの収納スペースが必要か分かります。次に、それらをいつ使うのかを洗い出しましょう。どこに収納スペースを配置すれば良いかが決まります。

なんとなくで収納を決めてしまうと、暮らし始めてから後悔しかねませんので、間取りを決めるときによく検討したいです。

家事動線・衛生動線

最後のポイントは、生活の動線です。特に家事動線・衛生動線を検討しましょう。それぞれの部屋の配置が、掃除や洗濯、料理といった家事がしやすい配置になるよう気をつけてください。そして意外と盲点なのが、トイレやお風呂への動線「衛生動線」です。例えば、リビングを経由しなければ行けないといった、他の部屋を通らなければならない配置になっていると、来客時にトイレやお風呂に行きづらくなってしまうでしょう。

毎日のことなので、家事動線・衛生動線が複雑になっているとストレスが溜まってしまいます。

注文住宅の間取りは収納がポイント

注文住宅の間取りには、さまざまな夢やこだわりを詰め込みたいもの。

しかし、詰め込みすぎると予算オーバーになってしまいます。そこでいきなり収納を減らす、という方向で考えるのは早計です。注文住宅で失敗しないためには、やなり収納が欠かせないポイントだからです。

物が整頓されて使いやすい状態こそが、気持ち良く暮らせる家と言っても過言ではありません。そのために、どんな収納が必要となるかは、ぜひ押さえておきたいポイントです。物は増えていきます。増えても問題がないよう、ゆとりのある収納スペースを確保して、全体の間取りを決めると、後悔のない間取りができるでしょう。

埼玉で快適な注文住宅を建てるポイントをチェック

埼玉おすすめ
工務店・注文住宅メーカー
3
     

高性能な注文住宅がリーズナブルな価格で叶う埼玉の地域ビルダーや工務店に着目。
家じゅうの室温を一定に保つ全館空調システムを標準装備している会社を3社はこちらです!
坪単価は公式HPおよびSUUMOに記載されている参考価格から掲載しています。