こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド » 埼玉で快適な注文住宅を建てるポイント » 外壁の色選びで失敗しないためのポイント

公開日:
最終更新日時:

外壁の色選びで失敗しないためのポイント

外壁の色は、その住宅を印象づける重要なポイント。
しかし、新築やリフォームを行った人の声を聞くと、外装には内装ほどの思い入れが少ないようです。
新築やリフォーム、塗り替えを行うなら、ぜひ外壁の色にこだわってみませんか?

施工事例を参考にする

外壁をどんな色にするかは、施工事例が良い参考になります。実際に住宅の塗装に使われており、外光に照らされた状態を確認できるため、自宅に用いた場合のイメージを持ちやすくなります。
外壁の塗料は、現在ホワイト系・クリーム系・ベージュ系・ブラウン系・グレー系・ブラック系などが人気。
ホワイトと言っても真っ白ではなく、ややクリームがかっているなど、落ち着いた色合いが好まれています。それぞれの色合いには微妙な違いがあり、バリエーション豊富です。

外壁は汚れや色褪せを考慮する

ポスターなどを長年部屋に貼っておいたら、いつの間にか色が褪せていたことはありませんか? これは「退色」と呼ばれる紫外線を原因とした現象で、赤や黄といった鮮やかな色は、ほかよりも早く褪せてしまうことがわかっています。外壁も広い面積に日を浴びるため、同様に色褪せが見られることがあります。その都度塗り替えるより、クリームやベージュなど比較的に落ち着いた色合いを選ぶことで色褪せは防ぐことができます。
また、クリームやベージュといった外壁の色は、汚れが目立ちにくいのも便利な点。今は、鮮やかな色でも色褪せしにくく汚れもつかない塗料も開発されていますが、選ぶ際にはしっかりとしたチェックが必要です。

外壁の色は室内の温度にも影響する

色には寒色や暖色があり、見た目から冷たさや温かさを感じることがあります。
その一方で、実際に温度差を生み出すのが色の明度、つまりは濃淡です。色は黒に近いほど太陽光の熱を吸収しやすく、逆に白に近いほど光を反射します。
これは外壁も同じで、黒などの濃い色のものは太陽の光を吸収し、その熱が室内にまで伝達して温度を高めることがあります。
外壁の色を選ぶ際には注意しましょう。
ただし、現在は明度の低い色でも太陽光を吸収しない「遮熱顔料」(赤外線反射顔料)が開発されているので、外壁をどうしても黒や紺色にしたいという場合には活用することをおすすめします。

色選びで押さえたいポイント

塗料の色を選ぶのは楽しいものの、注意点やコツなどのポイントがいくつかあります。
特に外壁など広い面積を占める色については、事前に把握しておいたほうが何かと便利で役立つ事柄があります。
3つのポイントを紹介しましょう。

色見本は大きいものを使う

外壁の塗料を扱うメーカーには、必ず色見本が用意されています。
しかし、色見本を用いる際には注意してもらいたいことがひとつ。それは「面積効果」と呼ばれる色彩の錯覚です。
色彩は、「面積が大きくなると彩度と明度が上がって見える」という特徴を持っています。
つまり、面積の小さな色見本で色を決めてしまうと、実際に塗装してみたらイメージと食い違うことがあるのです。
こうした失敗を避けるためにも、塗料メーカーの色見本はA4サイズ程度の大きめのものを用意してもらうか、実際に塗装した外壁などで確かめましょう。

艶感

色見本だけではなかなかイメージしづらいものに艶感があります。塗装には艶有りと艶消し(マット)があり、好みで選ぶことができます。ただし、外壁に用いる場合は住宅のイメージを大きく左右するので慎重に選択する必要があります。

周りの景観についても考える

自分達の家を好きな色で彩りたい! 思い切った色を使いたい! そういう気持ちもわかります。しかし、街並みには全体の景観というものが存在し、一部の都市では地方自治体などが景観を守るガイドラインを発行している場合もあります。外壁を塗装するなら、 事前に地域に景観のためのガイドラインがあるかどうかを確認しましょう。
また、近隣への配慮も大切です。あまりにも周囲とそぐわない外壁の塗装は、落ち着かない、人目を引くなどの理由で反感の的になってしまうことがあるかもしれません。

まとめ

服を買うときは、好きな色だけではなく、似合う色や流行の色なども取り入れるものです。
住宅の外壁も、家の一部であり、街の一部。好みばかりではなく、多角的な面から考え、住宅にふさわしい色を選んでみてください。

埼玉で快適な注文住宅を建てるポイントをチェック

埼玉おすすめ
工務店・注文住宅メーカー
3
     

高性能な注文住宅がリーズナブルな価格で叶う埼玉の地域ビルダーや工務店に着目。
家じゅうの室温を一定に保つ全館空調システムを標準装備している会社を3社はこちらです!
坪単価は公式HPおよびSUUMOに記載されている参考価格から掲載しています。