こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

理想の注文住宅を建てられる埼玉で評判のハウスメーカー大全集

TOP » 満足できる注文住宅会社の選び方 » 【番外編】ハウスメーカーと工務店の違い

【番外編】ハウスメーカーと工務店の違い

注文住宅を建てるにあたって、ハウスメーカーにするか工務店にするか迷う人も多いと思います。ここでは、「設計の自由度」「予算」「メンテナンス・フォロー」「安心感」について、両者を比較してみたいと思います。

設計の自由度

<ハウスメーカー>
ハウスメーカーは、規格住宅がメインのため、設計の自由度は比較的低め。いろいろと制約もついてしまうので、完全自由設計の家を求める人にはあまり向いていないかも。
<工務店>
工務店なら、予算や法律以外の制約はほとんどかからないので、どんな要望も叶えてもらいやすい。完全フルオーダーの住宅も可能。

予算

<ハウスメーカー>
大手になればなるほど広告宣伝費や人件費などのコストがかかるため、予算は高め。建売住宅であれば予算を抑えることも可能だが、注文住宅の場合、価格は高くなりがち。
<工務店>
工務店の場合、広告宣伝費や人件費などのコストがあまりかからないことが多いため、大手ハウスメーカーよりも低予算で家を建てることができる。

メンテナンス・フォロー

<ハウスメーカー>
引き渡し後の瑕疵保証などはしっかりしているので安心。ただ、営業や施工、アフターメンテナンスとそれぞれ部署が分かれていることが多いため、話が伝わらなかったり、なかなか動いてくれないことも。
<工務店>
瑕疵保証などはハウスメーカーと変わらない。営業から設計、施工、アフターメンテナンスまで一貫して自社で行っているので、融通も利きやすく、すぐに動いてもらえることが多い。

安心感

<ハウスメーカー>
大手ハウスメーカーの一番のメリットともいえるのが安心感。名の通ったメーカーなら、保証期間内に倒産してしまうという可能性も低い。
<工務店>
地域密着型の工務店は、規模の大きさから不安感を抱きがちですが、大手ハウスメーカーと並んで住宅展示場に出展している工務店ならば、住宅展示場の審査をパスしたということなので、一定の信頼感があるといえます。

このサイトでは、埼玉で実績がある工務店・ハウスメーカーを、得意とするデザインスタイル別に厳選しています。ぜひ参考にしてください。