こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

理想の注文住宅を建てられる埼玉で評判のハウスメーカー大全集

TOP » 満足できる注文住宅会社の選び方 » コストが適正であること

コストが適正であること

注文住宅会社を選ぶ際のポイントであるコストについて解説します。

注文住宅でコストを抑えるポイント

注文住宅会社の中には、見積もりで出された金額で契約したにもかかわらず、何かにつけて追加費用を徴収するところがあります。その結果、当初の予算よりも大幅にオーバーしてしまうということも。

注文住宅会社を選ぶときには、明朗会計で費用がわかりやすく、設計が決まってからは、価格の変更や追加がないところが安心です。

ちなみに、CMなどでたくさん宣伝をしている会社は広告宣伝費がかかっています。その広告宣伝費はコストに反映されているので、宣伝の多い会社はコストが高くなる傾向にあります。

注文住宅のコストの内訳

注文住宅を建てるときには、本体工事費用、別途工事費用、諸経費がかかり、すべて合わせたものが総費用となります。

本体工事費用

本体工事費用というのは、建物そのものの費用であり、広告などに掲載されている費用は一般的に、本体工事費用だけを指していることが多いです。

本体工事費用は、総費用のうち、75~80%を占めます。この本体工事費用に、別途工事費用や諸経費用などがかかりますので、「1,000万円で建つ家」などと謳っている場合、この金額が本体工事費用だけを指していたとしたら、実際には1,200~1,300万円かかることになります。広告などに費用が掲載されている場合には、その費用が何を指しているのかをきちんと確認しておきましょう。

本体工事費用には、仮設工事費用、基礎工事費用、木工事費用、屋根工事、外装工事、サッシ・ガラス工事、タイル・左官工事、断熱・気密工事、木製建具工事、金物工事、電気・水道工事、空調工事、内装仕上げ工事、住宅機器設備工事などが含まれます。

別途工事費用

別途工事費用は、建物本体以外にかかるもので、庭や駐車場の外構工事、ガスや水道などの敷設工事、エアコンや照明などの取り付け工事などがこれに当たります。総費用の15~20%といわれていますが、地盤改良が必要な土地であったり、もともと建物があった場合には、それぞれ、地盤改良工事費用や解体工事費用などがかかることもあり、費用は高めになります。

諸経費

諸経費は総費用の5~10%といわれ、住宅ローン手数料や登録手数料、保険、引っ越し費用などがこれに含まれます。

このサイトでは、埼玉で実績があり、信頼できる工務店・ハウスメーカーを、得意とするデザインスタイル別に厳選しています。ぜひ参考にしてください。