こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

理想の注文住宅を建てられる埼玉で評判のハウスメーカー大全集

TOP » 埼玉で快適な注文住宅を建てるポイント » 高い耐久性・耐震性を求める

高い耐久性・耐震性を求める

100年住宅と呼ばれている、世代を超えて末永く住むことができる住まいについて解説しています。

100年住宅と呼ばれる住まいの秘訣

現在供給されている住宅は60年以上の耐久性能があるとされていますが、実際の住宅の平均寿命は約30年程度と言われています。

しかし、数世代にわたってもつ構造躯体の耐久性や、大地震後も使用可能な高い耐震性、メンテナンスがしやすい構造体であれば、100年以上暮らすことができる住まいが可能です。

埼玉は震災リスクがあり、注文住宅を建てる際には、耐震性が高い家を建ててくれるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

ちなみに、住宅展示場やカタログなどでは「耐震」と並んで、「免震」や「制震」といった言葉もよく聞かれると思われますが、厳密には区別して使われています。

耐震住宅とは、壁を補強するなどして、建物全体の強度を高めた、地震の揺れに強い住宅を言います。

一方、免震住宅とは、住宅の基礎と建物の間に、地震の揺れを抑えるような免震装置を挟むなどした住宅のこと。また制震住宅とは、地震エネルギーを吸収して、揺れを軽減する装置を備えた住宅を言います。

耐久性・耐震性が高いのはどのような家?

現在日本で定められている耐震基準は、震度6~7の地震でも倒壊の心配はほとんどないものとなっていますが、業者によってその耐震工法などはさまざま。

物件を建てる前に地盤調査を行っていたり、基礎や建物に、どのような工法や素材を用いて耐震性を確保しているのかを、分かりやすく説明してくれるかも重要なポイント!

より高い耐久性が維持できる基礎はもちろんのこと、建物が歪みにくく揺れに強い骨組みを用いた工法であることを確認しておきましょう。

また、一定以上の住宅性能(耐震性、耐久性、省エネ性、維持保全の容易性)がある住宅は、長期優良住宅といって国の認定を受けられることができ、さまざまな税制優遇が受けられるので是非チェックしておきたい項目です。

そして、メンテナンスの高さも耐久性には大切。建物が「構造躯体」と「内装」・「設備」と分けて考えられている「スケルトンインフィル」は、将来的にリフォームがしやすいので、末永く住み続けることができる住宅となっています。

このサイトでは、埼玉で実績があり、完全フルオーダーに対応している注文住宅会社を、得意とするデザインスタイル別に厳選しています。これから家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

このサイトでは、埼玉で実績があり、完全フルオーダーに対応している注文住宅会社を、得意とするデザインスタイル別に厳選しています。これから家づくりを検討している方は、ぜひ参考にしてください。