こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

こだわりのデザインを叶える埼玉の注文住宅ガイド

理想の注文住宅を建てられる埼玉で評判のハウスメーカー大全集

TOP » 癒される家づくりのポイント » 自然を取り入れる

自然を取り入れる

明るい光がたっぷりと差し込み、風が通り抜ける。自然を取り入れた家はなんとも心地の良いものです。光と風が入ることによって、太陽が出ている時間ならば照明を使わずにすんだり、真夏や真冬以外、冷暖房を使わずにすんだりと、省エネ効果も高く、身体にも環境にもやさしい家づくりにもつながります。

光や風など、自然素材を取り入れる住まいづくりのポイントについて、立地、設計、間取りの項目ごとに解説していきます。

立地

日当たりの良い立地と言えば、南東の角地。周囲に陽射しを遮る建物がなければ、光がたっぷり差し込み、冬でも日中なら暖房を使わずにすむほど暖かいことも。
ただし、日当たりが良すぎて、とくに夏などは暑くなりすぎてしまうこともあるので、窓の大きさや向きなどで調整すると良いでしょう。

設計

風通しの良い家にするためには、窓の位置が重要です。注文住宅の設計の際には、風が斜めに通るように窓の位置を調整するようにしましょう。できれば、一部屋に2箇所以上窓があるのがベストです。

また、引き違い窓よりも縦すべり窓の方が風を取り込みやすいと言われています。隣家との間があまりない場合でも、縦すべり窓にすることで風をしっかり取り入れることができます。

採光を考えると、大きな窓は必須ですが、立地によっては日が当たりすぎる場合も。そのようなケースでは「南側に大きな窓」という概念にとらわれず、陽射しを取り込みすぎない大きさの窓にすることも検討してみましょう。

日当たりが悪かったり、隣家との間がなく、大きな窓を設置するのが難しいという場合には、天窓や明かり取りの窓を設置して、採光を取り入れるようにするといいでしょう。

間取り

採光を確保するのであれば、南側に窓を設置するのが一番ですが、人通りの多い道路に面していたり、隣家との間があまりないなど、大きな窓が作れないという場合には、中庭を設けるというのもひとつの方法です。中庭であれば、外からの目を気にせず、大きな窓を取り付けることができます。

風の通りを良くするためには、間取りも考慮しなければなりません。窓を開けることが多くなる夏の場合、暖かい空気は上にたまってしまうので、風が下から入って上から抜けるというようにすると、風の流れがよくなります。また、吹き抜けがあると、1階から2階へ、風が流れるようになります。

埼玉には「自然を取り入れる」など、こだわりのデザイン・雰囲気を実現してくれる工務店・ハウスメーカーがあります。このサイトでは、埼玉で実績があり、完全フルオーダーに対応している注文住宅会社を、得意とするデザインスタイル別に厳選していますので、ぜひ参考にしてください。